Skip to content
2011年2月22日 / filemakerschool

FileMaker製品いろいろ~その2・FileMaker Proの役割

前回「FileMaker製品いろいろ~その1」では、FileMaker製品が次の3つに大別されることをお話ししました。

【1】FileMaker Pro・・・データベースを作るソフト
【2】FileMaker Server・・・データベースを共有する(さばく)ソフト
【3】FileMaker Go・・・データベースを遠隔操作するソフト

それでは、これらの製品のそれぞれの役割を見ていきましょう。

【1】FileMaker Pro

これは、データベースを作るためのソフトです。Microsoft Accessのようなものですね。FileMakerを使い始めようと思ったら、まずこの「FileMaker Pro」を買いましょう。

使い方を試してみたいという場合は、無料の30日間限定試用版も用意されています。次のURLからダウンロード登録(氏名、メールアドレス、会社名、住所などと入力)すれば、ダウンロードできます。

http://info2.filemaker.com/Global_Select_FileMaker_Pro_Trial.html?language=ja&country-culture=japan

試用版は、試用期間30日を過ぎると、起動できなくなります。気に入ったら、早めに購入しましょう。

さて、上位版のFileMaker Pro Advancedと、FileMaker Proとの違いは何でしょうか?

FileMaker Pro Advancedの代表的な機能を2つほど、ご紹介しましょう。

1.ランタイム版の作成

「ランタイム版」というのは、FileMaker Proがインストールされていなくても、単体で動作するものをいいます。FileMaker Proの上位版のFileMaker Pro Advancedは、このランタイム版を作成することができます。

もう少し、わかりやすく説明しましょう。

通常、あるアプリケーションで作成したファイルは、そのアプリケーションがインストールされていないと、パソコン上で開くことはできませんよね。(WordやExcelはユーザの数がとても多いので、他のアプリケーションでも開くことができる場合もありますが、これは他のアプリケーションがWordやExcelユーザに配慮して、互換性を持たせているだけです。)

たとえば、あなたが同窓会の幹事で、同窓生の名簿をFileMaker Proで管理しているとします。それを同窓生に配布したくても、同窓生のすべてがFileMaker Proを持っているとは限りません。

そこで、同窓会管理をしているFileMakerファイルを、FileMaker Pro Advancedを使って「ランタイム版」にします。この「ランタイム版」を同窓生に配布すれば、それをパソコンにコピーするだけで、同窓生はFileMaker Proを持っていなくても、検索や並べ替え、印刷ばかりでなく、データの追加や修正などもできます。

つまり、「使うだけのデータベース」を配布することができるというわけです。

なお、ランタイム版作成時の設定で、データの追加や修正をさせないこともできます。

ランタイム版を作成して配布すると、ライセンス料を払わなければいけないことが多いのですが、FileMakerはライセンスフリー。FileMaker社は太っ腹ですね。

2.カスタムメニュー

FileMaker Proは、住所録のような身の回りの業務にちょっと使うデータベースから、本格的な業務用システムの構築までできてしまう、奥の深いデータベースソフトです。

業務用システムをFileMaker Proで作成し、社内に導入する際、できるだけ利用者に負担をかけたくないものです。

FileMaker Proでは、「スクリプト」というFileMaker Proの一連の操作を自動化する機能があります。(Excelでは「マクロ」と呼ばれるものです。)「スクリプト」が何かは、別の機会に詳しくお話しすることにしますが、この「スクリプト」を作り、【ファイル】【編集】【挿入】といったFileMaker Proの標準メニューの代わりに、【伝票】【申請】【集計】などといったオリジナルメニューに変更して、それぞれのメニューのコマンドに割り当てることができます。

このことで、利用者には、FileMaker Proで作られたデータベースを使っているという意識を持たれることなく、業務に特化したシステムとして受け入れてもらいやすくなります。

この他にも、自分で好きな関数を作り、FileMaker Proで利用することができる「カスタム関数」や、先述の「スクリプト」を動作を確認しながら作成できる「スクリプトデバッガ」、データベース全体の仕様を確認できる「データベースデザインレポート」等の他、高度なデータベースシステム開発に必要な機能が多数用意されています。

このことから、FileMaker Proを使ってみようかな?という段階では、FileMaker Proで十分です。FileMaker Proを使ったシステム開発のお仕事をされる方や、FileMaker Proでは物足りなくなってきた方は、FileMaker Pro Advancedを購入されるとよいでしょう。

FileMaker Proと、FileMaker Pro Advancedの機能の違いは、次のWebページをご覧ください。

http://www.filemaker.com/jp/products/filemaker-pro/fmp_vs_fmpa.html

 

次は、(2)FileMaker Serverの役割についてをお話しします。(「FileMaker製品いろいろ~その3」につづく)

 
 

【超初心者大歓迎!独自カリキュラムでわかりやすい!!
          FileMaker®基本トレーニング・インフォメーション】

★★★★★「FileMaker® Pro トレーニング」を東京・大阪で開催中!★★★★★

「FileMaker® Pro」の基本を習得していただくための「FileMaker® Proベーシックトレーニング」を、株式会社ジュッポーワークスの大阪本社および東京支店で開催しております。

いずれも定員は5名様

  • ネットの情報や本を読んだだけではわからない…..。
  • 他社のトレーニングに参加したけれど、人数が多すぎてついていけなかった….。
  • トレーニングの早い段階で「リレーション」について説明され、パニックになってしまった…..。
  • FileMakerの用語がさっぱり理解できない…..。
  • パソコンの講習に初めて参加するので、不安だ….。

そんな方も、大丈夫!!定員5名様の少人数で、パソコンの講習会への参加が初めての方も、データベース自体がまったく初めての方でも、安心して受講いただけます。

当トレーニングは、20年以上FileMaker®の初心者と向き合ってきたことで、初心者には何がわからないか、何からどう順番に説明すればわかるのかを熟知した、独自のカリキュラム

「これまで、他のFileMaker®講習会に参加したが、ついていけなかった…..。(>o<)」という方も、当トレーニングを受講されて、「そういうことだったのかと、ようやく理解できた。」、「頭の中で散らばっていたことが、すんなりとつながった!」と、笑顔で帰っていかれます。

あなたの頭の中に散らばっている「点」が、「線」になってつながるとしたら?

この講習会で、あなたのFileMaker Proへの苦手意識をすっかり手放せるとしたら?

最初の一歩を踏み出すあなたを、心よりお待ちしております!!

お待たせしました!2017年5月、東京でグループレッスン開催!!!

「6時間があっという間!」とみなさん笑顔で帰られる、2017年度5月度のグループレッスンの開催スケジュールは下記のとおりです。

  • 入門講座(11:00〜18:00※初日のみ時間が異なります。ご注意ください。
    • 2017年5月17日(水)【東京・ver15・14合同】
    • 受講料お1人様 33,000円(税込:35,640円)+テキスト代 3,280円(税込:3,542円)
  • 応用講座(10:30〜17:30)
    • 2017年5月18日(木)【東京・ver15・14合同
    • 受講料お1人様 38,000円(税込:41,040円)+テキスト代 3,580円(税込:3,866円)
  • リレーション講座(10:30〜17:30)
    • 2017年5月19日(金)【東京・ver15・14合同】
    • 受講料お1人様 47,000円(税込:50,760円)+テキスト代 3,980円(税込:4,298円)

開催場所:弊社東京支店(地図)※東京都営地下鉄浅草線・泉岳寺駅下車徒歩5分

ver15またはver14をお使いの方限定の講座です。FileMaker Proは、ver13以前と、ver14以降とでは画面や操作内容が大きく違うところがございます。ver13以前のverをお使いの方が受講されますと、十分にご習得いただけない場合がございますので、十分ご留意のうえ、ご参加をご検討ください。

※講習時間には、途中昼休憩1時間含みます。

詳しくは、下記をクリック↓↓↓↓↓

FileMaker Proグループレッスン2016年1月〜3月のご案内
わかりやすいと大評判!
「FileMakerトレーニングテキスト」は下記をクリック↓↓↓↓↓

FileMaker Pro15トレーニングテキスト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。