コンテンツへ移動
2013年10月9日 / filemakerschool

どれくらいの人がFileMakerを使っているのですか?

前回は、「どんな人(業種)がFileMakerを使っているのですか?」という質問に、私がネット販売をしている「FileMakerトレーニングテキスト」をお買い求めいただいた方の業種を集計した結果をお話ししました。
 
 
今回は、2つめ「どれくらいの人がFileMakerを使っているのですか?(出荷本数)」という質問に対してのお話しです。
 
 
これは、FileMaker社から正式にアナウンスされています。
http://www.filemaker.co.jp/products/platform/
 
上記のWebページの下のほうに「組織の各人の生産性が急速に向上」という見出しがありますが、その下に「累計出荷数 1800 万本以上の FileMaker Pro が世界中のユーザーによって使われています。」とあります。
 
また、FileMaker 8がリリースされた時点では、FileMakerシリーズの全売上のうち、日本でのFileMakerの売上が占める割合として、4分の1であるとコメントしたと残されています。
http://news.mynavi.jp/news/2005/10/17/002.html
 
日本市場についての最近の記事はWeb上には見つかりませんが、FileMaker社は昨年11月に東京で開催されたFileMakerカンファレンスでも、同様のアナウンスがありました。
 
1800万本の4分の1ということは、450万本!
 
なんと、甲子園球場の収容人数に換算すると約100倍、日本国民の26人に1人がFileMakerを使っていることになります。
 
 
わ、わ、わ……。それ、ほんまかいな、それ…..。FileMakerなんて見たことも、聞いたこともないわ!!ヾ(- -;)
 
と、思っていらっしゃる方もいるかもしれませんね。
 
 
実は、FileMakerで開発されたシステムを、FileMakerだとは知らずに「業務用アプリ」と思って使っていらっしゃる方も少なくないんですよ。
 
FileMakerでは、ボタンやカスタムメニューという機能があって、ユーザに「FileMakerを使っている」と意識させずに使わせちゃうということができるんです。
 
データベースソフトというのは、そもそもWordやExcelとは違い、誰もが「作る」ということをしなくてもいいんです。
 
誰かFileMakerに精通している人が、しっかりとシステムとして組んでしまえば、他の人はそれを使うだけ。
 
ほら、Excelで、作られた表に数字や文字だけ入力したら、ぱぱぱ~っと再計算されて資料ができあがり~、っていう経験したことありません?
 
あれのもっと「強力版」、Excelでマクロを組んだようなものです。(「マクロ」というのは、通常行う一連の操作を自動的に実行させる機能のことをいいます。)
 
 
もっとも、Excelなら通常行う操作を自動化しようとすると、プログラミング言語である「VBA(Visual Basic for Application)」を覚えなければなりません。
 
それが、FileMakerだとそういった言語は一切不要。メニューからコマンドを選ぶ感覚で操作の自動化ができてしまう。
 
それをボタンに割り当てると、ボタンをクリックするだけで、必要な一連の操作が勝手に動作する。だから、使っている人は、文字入力と、どんなときにどこのボタンをクリックするか?を覚えればいいだけで使えるんです。
 
 
もしかして、いつも使っているあなたの「製品管理システム」とか、「伝票発行システム」とか。
 
Windowsパソコンをお使いなら、それらのウインドウが開いているときに左上のマークをよーくご覧下さい。
 
こんなふうに「FileMaker Pro」って、書かれていません?(これはver12のものです。ver7~10はブルーのアイコンです。)
 
FileMakerのタイトルバー
 
 
自己主張は控えめに。
 
FileMakerって、なんともおくゆかしいデータベースソフトなんです。

 
 

【超初心者大歓迎!独自カリキュラムでわかりやすい!!
          FileMaker®基本トレーニング・インフォメーション】

★★★★★「FileMaker® Pro トレーニング」を東京・大阪で開催中!★★★★★

「FileMaker® Pro」の基本を習得していただくための「FileMaker® Proベーシックトレーニング」を、株式会社ジュッポーワークスの大阪本社および東京支店で開催しております。

いずれも定員は5名様

  • ネットの情報や本を読んだだけではわからない…..。
  • 他社のトレーニングに参加したけれど、人数が多すぎてついていけなかった….。
  • トレーニングの早い段階で「リレーション」について説明され、パニックになってしまった…..。
  • FileMakerの用語がさっぱり理解できない…..。
  • パソコンの講習に初めて参加するので、不安だ….。

そんな方も、大丈夫!!定員5名様の少人数で、パソコンの講習会への参加が初めての方も、データベース自体がまったく初めての方でも、安心して受講いただけます。

当トレーニングは、20年以上FileMaker®の初心者と向き合ってきたことで、初心者には何がわからないか、何からどう順番に説明すればわかるのかを熟知した、独自のカリキュラム

「これまで、他のFileMaker®講習会に参加したが、ついていけなかった…..。(>o<)」という方も、当トレーニングを受講されて、「そういうことだったのかと、ようやく理解できた。」、「頭の中で散らばっていたことが、すんなりとつながった!」と、笑顔で帰っていかれます。

あなたの頭の中に散らばっている「点」が、「線」になってつながるとしたら?

この講習会で、あなたのFileMaker Proへの苦手意識をすっかり手放せるとしたら?

最初の一歩を踏み出すあなたを、心よりお待ちしております!!

お待たせしました!2017年5月、東京でグループレッスン開催!!!

「6時間があっという間!」とみなさん笑顔で帰られる、2017年度5月度のグループレッスンの開催スケジュールは下記のとおりです。

  • 入門講座(11:00〜18:00※初日のみ時間が異なります。ご注意ください。
    • 2017年5月17日(水)【東京・ver15・14合同】
    • 受講料お1人様 33,000円(税込:35,640円)+テキスト代 3,280円(税込:3,542円)
  • 応用講座(10:30〜17:30)
    • 2017年5月18日(木)【東京・ver15・14合同
    • 受講料お1人様 38,000円(税込:41,040円)+テキスト代 3,580円(税込:3,866円)
  • リレーション講座(10:30〜17:30)
    • 2017年5月19日(金)【東京・ver15・14合同】
    • 受講料お1人様 47,000円(税込:50,760円)+テキスト代 3,980円(税込:4,298円)

開催場所:弊社東京支店(地図)※東京都営地下鉄浅草線・泉岳寺駅下車徒歩5分

ver15またはver14をお使いの方限定の講座です。FileMaker Proは、ver13以前と、ver14以降とでは画面や操作内容が大きく違うところがございます。ver13以前のverをお使いの方が受講されますと、十分にご習得いただけない場合がございますので、十分ご留意のうえ、ご参加をご検討ください。

※講習時間には、途中昼休憩1時間含みます。

詳しくは、下記をクリック↓↓↓↓↓

FileMaker Proグループレッスン2016年1月〜3月のご案内
わかりやすいと大評判!
「FileMakerトレーニングテキスト」は下記をクリック↓↓↓↓↓

FileMaker Pro15トレーニングテキスト