Skip to content
2015年1月27日 / filemakerschool

「関数」って何ですか?(3)〜Excelの関数との違い

さて、「関数ってなんですか?」のシリーズその(3)。

よく尋ねられるのが、「Excelの関数と同じですか?」というもの。

答えとしては、「似ています。」というところでしょうか。

 

【1】Excelと似ている関数

関数の書き方(構成)としては、

Round ( 数値 ; 桁数 )

といったように、最初に関数の名称を書き、その後は()を続けます。()の中には、関数ごとに決められた「引数」を指定します。

つまり、

Round ( 数値 ; 桁数 )

というのは、

Round → 関数の名称(この場合は、「四捨五入」)

引数の

数値 → 四捨五入したい数値、またはその数値が入ったフィールド名、または数式

桁数 → 四捨五入をする桁位置を整数で入れる(例:「0」=小数点以下を四捨五入、「1」=小数点第2位を四捨五入して、小数点第1位まで表示、「-1」=1の位を四捨五入して、十の位まで表示)

と、ExcelのROUND関数の引数指定とまったく同じ。

また、正しい計算式を指定しなければ、次に進めない、というのも、Excelと同じです。

ただ、引数を区切る文字が、Excelでは「,(カンマ)」であるのに対し、FileMakerでは「;(セミコロン)」というところが違います。(ちなみにFileMakerもver6までは、「,(カンマ)」でした。)

後は、FileMakerでは数式の前に「=」をつける必要がありません

関数の名称は、大文字であろうが、小文字であろうが、スペルさえ合っていればOK。

FileMakerの場合は、頭文字だけが大文字になるものの他、「IsEmpty」など、途中に大文字が入るものもあります。

この場合も、全体的にスペルさえ合っていれば、FileMaker側で自動的に書き直されます。

後は、Excelでよく使われるIF関数も、FileMakerでもIf関数で、構文(引数の指定の方法)は同じです。

なお、Excelでもっともよく使われているであろう「SUM」ですが、FileMakerではさほど頻繁に登場しません。(もちろん、FileMakerにもSUM関数は用意されています。)

Excelの場合、「B4からB20まで」といった、連続したセルの値を合計することに使われるSUMですが、FileMakerには、基本的にフィールドが1つ1つ独立しているので、Excelのような書き方はしません。

また、Excelの一覧表のように見えても、1行が「レコード」という単位に分かれているため、特定のフィールドの合計をするためには、串刺し計算をすることになります。(これには、集計フィールドを使います。)

SUMは、「繰り返しフィールド」や「ポータル」といったものを使っている場合に使うことになります。(「繰り返しフィールド」や「ポータル」が何かは、また別の機会にお話しします。)

 

【2】Excelにはない、FileMakerの便利な関数

FileMakerで頻繁に使われる関数で、「これはExcelにもあればいいのに….。」と思うのが、Caseという関数です。

Caseは、複数の場合分けをする関数。

Excelでの場合分けといえば、IF関数ですが、これは「○か×か」といった、2つの場合分けしかできません。

3つ以上の場合分け(たとえば、○か△か×か)の場合は、IF関数の引数に、IF関数を入れる、いわゆる「入れ子(ネスト)」という方法を使うことになります。この場合でも、Excelでは7段階までしか指定できないため、たとえば「生年月日から12星座を求める」なんていうのは、別の方法を使う、ということになります。

FileMakerのCaseでは、何段階の場合分けでも指定できます。(ただし、FileMakerの技術仕様として、計算式では、テキスト、数値、参照フィールド、演算子、関数、カッコを含め最大 30,000 文字までである必要があります。)

たとえば、学生の成績を点数によって、

  • 90点以上 → 秀
  • 80点~90点未満 → 優
  • 70点~80点未満 → 良
  • 60点~70点未満 → 可
  • 60点未満 → 不可

と、評価したい場合(すべての学生の点数には0~100までの数値が入力されていて、空欄はないとします)、

Case(点数≧90 ; “秀” ; 点数≧80 ; “優” ; 点数≧70 ; “良” ; 点数≧60 ; “可” ; ”不可” )

と書けばいいのです。

IFが入れ子されている数式よりもずっと見やすく、わかりやすいと思いませんか?

 

【3】Excelにあるのに、FileMakerにはない関数

と、いうのも、もちろんあります。

たとえば、切り上げ。

Excelでは、ROUNDUP関数を使います。

FileMakerにも、切り上げをする関数として、Ceiling(天井という意味)関数というのがありますが、ExcelのROUNDUP関数とは違って、引数で切り上げ桁位置を指定することができません

また、Ceilingは、「小数点以下を処理して、一番近い大きいほうの整数を返す」という仕様なので、正の数と負の数では、絶対値の値が違ってきます。

たとえば、

  • Ceiling(1.33333)  = 2
  • Ceiling(-1.33333)  = -1

となります。これは、「-2 < -1」ということからきています。

ROUNDUP関数と同様に、「桁数を指定できて、しかも、正の数も、負の数も、絶対値を同じにする」という場合は、工夫が必要になります。(具体的な方法については、私の「計算式と関数」トレーニングでお話ししています。(^^))

ちなみに、参考までに書いておきますが、ExcelのINT関数(小数点以下を切り捨てる関数)も、正の数と負の数では、絶対値の値が違うんですよ。

たとえば、Excelで

  • INT(1.33333)  = 1
  • INT(-1.33333)  = -2

となります。

ExcelのINT関数は、「小数点以下を処理して、一番近い小さいほうの整数を返す。」という仕様だからです。

これに対し、ExcelのROUNDDOWN関数も切り捨ての関数ですが、桁数を指定できるだけでなく、正の数も、負の数も、絶対値を同じにします

さらに、付け加えれば…..。

FileMakerにもINT関数がありますが、これは「小数点以下を切り捨てて、正の数も、負の数も、絶対値を同じにする」という仕様です

つまり、FileMakerのINT関数=ExcelのROUNDDOWN(数値 , 0)

ということです。

この辺り、間違えないようにしてくださいね。

こういった、ちょっとした違いは、FileMakerのヘルプや市販書の「関数・スクリプト辞典」などで、よく確認してから使うようにしてください。

今回は、長くなったので、この辺で。

関数の話、まだまだ続きます。

 
 
 
 

【超初心者大歓迎!独自カリキュラムでわかりやすい!!
          FileMaker®基本トレーニング・インフォメーション】

★★★★★「FileMaker® Pro トレーニング」を東京・大阪で開催中!★★★★★

「FileMaker® Pro」の基本を習得していただくための「FileMaker® Proベーシックトレーニング」を、株式会社ジュッポーワークスの大阪本社および東京支店で開催しております。

いずれも定員は5名様

  • ネットの情報や本を読んだだけではわからない…..。
  • 他社のトレーニングに参加したけれど、人数が多すぎてついていけなかった….。
  • トレーニングの早い段階で「リレーション」について説明され、パニックになってしまった…..。
  • FileMakerの用語がさっぱり理解できない…..。
  • パソコンの講習に初めて参加するので、不安だ….。

そんな方も、大丈夫!!定員5名様の少人数で、パソコンの講習会への参加が初めての方も、データベース自体がまったく初めての方でも、安心して受講いただけます。

当トレーニングは、20年以上FileMaker®の初心者と向き合ってきたことで、初心者には何がわからないか、何からどう順番に説明すればわかるのかを熟知した、独自のカリキュラム

「これまで、他のFileMaker®講習会に参加したが、ついていけなかった…..。(>o<)」という方も、当トレーニングを受講されて、「そういうことだったのかと、ようやく理解できた。」、「頭の中で散らばっていたことが、すんなりとつながった!」と、笑顔で帰っていかれます。

あなたの頭の中に散らばっている「点」が、「線」になってつながるとしたら?

この講習会で、あなたのFileMaker Proへの苦手意識をすっかり手放せるとしたら?

最初の一歩を踏み出すあなたを、心よりお待ちしております!!

お待たせしました!2017年5月、東京でグループレッスン開催!!!

「6時間があっという間!」とみなさん笑顔で帰られる、2017年度5月度のグループレッスンの開催スケジュールは下記のとおりです。

  • 入門講座(11:00〜18:00※初日のみ時間が異なります。ご注意ください。
    • 2017年5月17日(水)【東京・ver15・14合同】
    • 受講料お1人様 33,000円(税込:35,640円)+テキスト代 3,280円(税込:3,542円)
  • 応用講座(10:30〜17:30)
    • 2017年5月18日(木)【東京・ver15・14合同
    • 受講料お1人様 38,000円(税込:41,040円)+テキスト代 3,580円(税込:3,866円)
  • リレーション講座(10:30〜17:30)
    • 2017年5月19日(金)【東京・ver15・14合同】
    • 受講料お1人様 47,000円(税込:50,760円)+テキスト代 3,980円(税込:4,298円)

開催場所:弊社東京支店(地図)※東京都営地下鉄浅草線・泉岳寺駅下車徒歩5分

ver15またはver14をお使いの方限定の講座です。FileMaker Proは、ver13以前と、ver14以降とでは画面や操作内容が大きく違うところがございます。ver13以前のverをお使いの方が受講されますと、十分にご習得いただけない場合がございますので、十分ご留意のうえ、ご参加をご検討ください。

※講習時間には、途中昼休憩1時間含みます。

詳しくは、下記をクリック↓↓↓↓↓

FileMaker Proグループレッスン2016年1月〜3月のご案内
わかりやすいと大評判!
「FileMakerトレーニングテキスト」は下記をクリック↓↓↓↓↓

FileMaker Pro15トレーニングテキスト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。