Skip to content
2015年2月3日 / filemakerschool

「関数」って何ですか?(4)〜FileMaker独特の関数

さてさて、関数についてのお話の4回目。

FileMakerには、独特の関数があります。

それは、「取得関数」というもの。

通常、関数というと、関数名でどんな計算するかを指定し、()の中には、引数として何をどうするのかを、関数ごとに決められた形で書くものですよね。

例えば、前述のRound(四捨五入)関数。

Round ( 合計金額 * 消費税率 ; 0 )

といった感じです。()内の「合計金額 * 消費税率」や、桁位置の「0」は、場合に応じて指定します。

それが、FileMakerの取得関数は、こんな感じ。

FileMakerのGet関数

すべて「Get」で始まるので、「Get関数」とも言われます。

取得関数は、計算をする、というよりは、コンピュータ内のあらゆる情報を「取ってくる」ように命令するための関数です。

関数というと、どうしても「計算をする」と思いがちの方は、「命令語」と捉えるといいかもしれません。

例えば、

Get(対象レコード数)

というのは、現在使っているFileMakerデータベースでの表示中のレコード数(たとえば、検索した後の該当レコードなど)がいくつかを表示します。

たとえば、下図の場合は、「12」となります。

FileMakerの対象レコード数

え?これって、どんなときに使うの?

Get関数は、スクリプトでよく使われます

たとえば、検索した結果、ヒットしたレコード数(対象レコード数)が10未満だったら、もう一度検索させる、というようなスクリプトを作成したい場合、Ifスクリプトの条件に、

Get(対象レコード数) < 10

と書きます。

このようにGet関数は、引数を書き換えることはしません。Get(○○○)のまま使います。このGet(○○○)に、現在使用しているコンピュータから取ってきた値が代入される、と考えてください。

なお、ExcelでのTODAY()関数は、FileMakerでは、Get(日付)を使います。

(Get(日付)関数は、「関数って何ですか?(2)~関数を使うシーン」の条件付き書式の中にも出てきています。)

これは、「日付を、今使っているパソコンの時計から取ってきなさい。」という意味になります。

ですので、利用中のパソコンの時計が狂っていると、トラブルになりかねません

パソコンの時計が表示する日時、たまには点検してみてくださいね。

 

さてさて、4回に渡ってお話ししてきた「関数ってなんですか?」シリーズ。

関数については、いろいろお話ししたいことがあるのですが、「関数って何ですか?」シリーズとしては、とりあえずこれで一旦終了。

Excelの関数を使いこなしておられる方なら、FileMakerの関数もさほど難しいものではありません。

ただ、Excelでは合計や平均、四捨五入、IFなどの関数をちょっと使った程度…..、という方は、まずはよく使う関数の使い方をマスターすることです。そうすれば、後は、FileMakerヘルプや関数・スクリプト辞典を見たり、ネットで検索した情報を活用できるようになると思います。

また、先のブログに書いたように、引数を指定する順番が違うだけ、関数のスペルが少し違うだけ、というような、ExcelとFileMakerでは似ている関数も多く存在します。

ですので、FileMakerで覚えた関数の知識は、Excelにも応用できます。

「なんか、難しそう。」「関数を見ただけで、頭がクラクラする。(◎_◎;)」と苦手意識を持ちがちな関数ですが、基本が一旦わかっちゃえば、コワくなくなるんです!(^-^)b

ここで、一度、基本的な関数の使い方をマスターして、関数に対しての苦手意識を克服してみませんか?

「よぉし!この機会に苦手意識克服して、FileMakerもExcelもビシバシ使ってやるぞ!!」

そんなあなたを、「FileMaker基本トレーニング」の「計算式&関数」講座でお待ちしています。(^^)

 
 

【超初心者大歓迎!独自カリキュラムでわかりやすい!!
          FileMaker®基本トレーニング・インフォメーション】

★★★★★「FileMaker® Pro トレーニング」を東京・大阪で開催中!★★★★★

「FileMaker® Pro」の基本を習得していただくための「FileMaker® Proベーシックトレーニング」を、株式会社ジュッポーワークスの大阪本社および東京支店で開催しております。

いずれも定員は5名様

  • ネットの情報や本を読んだだけではわからない…..。
  • 他社のトレーニングに参加したけれど、人数が多すぎてついていけなかった….。
  • トレーニングの早い段階で「リレーション」について説明され、パニックになってしまった…..。
  • FileMakerの用語がさっぱり理解できない…..。
  • パソコンの講習に初めて参加するので、不安だ….。

そんな方も、大丈夫!!定員5名様の少人数で、パソコンの講習会への参加が初めての方も、データベース自体がまったく初めての方でも、安心して受講いただけます。

当トレーニングは、20年以上FileMaker®の初心者と向き合ってきたことで、初心者には何がわからないか、何からどう順番に説明すればわかるのかを熟知した、独自のカリキュラム

「これまで、他のFileMaker®講習会に参加したが、ついていけなかった…..。(>o<)」という方も、当トレーニングを受講されて、「そういうことだったのかと、ようやく理解できた。」、「頭の中で散らばっていたことが、すんなりとつながった!」と、笑顔で帰っていかれます。

あなたの頭の中に散らばっている「点」が、「線」になってつながるとしたら?

この講習会で、あなたのFileMaker Proへの苦手意識をすっかり手放せるとしたら?

最初の一歩を踏み出すあなたを、心よりお待ちしております!!

お待たせしました!2017年5月、東京でグループレッスン開催!!!

「6時間があっという間!」とみなさん笑顔で帰られる、2017年度5月度のグループレッスンの開催スケジュールは下記のとおりです。

  • 入門講座(11:00〜18:00※初日のみ時間が異なります。ご注意ください。
    • 2017年5月17日(水)【東京・ver15・14合同】
    • 受講料お1人様 33,000円(税込:35,640円)+テキスト代 3,280円(税込:3,542円)
  • 応用講座(10:30〜17:30)
    • 2017年5月18日(木)【東京・ver15・14合同
    • 受講料お1人様 38,000円(税込:41,040円)+テキスト代 3,580円(税込:3,866円)
  • リレーション講座(10:30〜17:30)
    • 2017年5月19日(金)【東京・ver15・14合同】
    • 受講料お1人様 47,000円(税込:50,760円)+テキスト代 3,980円(税込:4,298円)

開催場所:弊社東京支店(地図)※東京都営地下鉄浅草線・泉岳寺駅下車徒歩5分

ver15またはver14をお使いの方限定の講座です。FileMaker Proは、ver13以前と、ver14以降とでは画面や操作内容が大きく違うところがございます。ver13以前のverをお使いの方が受講されますと、十分にご習得いただけない場合がございますので、十分ご留意のうえ、ご参加をご検討ください。

※講習時間には、途中昼休憩1時間含みます。

詳しくは、下記をクリック↓↓↓↓↓

FileMaker Proグループレッスン2016年1月〜3月のご案内
わかりやすいと大評判!
「FileMakerトレーニングテキスト」は下記をクリック↓↓↓↓↓

FileMaker Pro15トレーニングテキスト

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。