Skip to content

このブログの目的

【1】FileMakerの「メッセンジャー」

 

FileMakerが大好きで、FileMakerを生業にしている「FileMakerのプロ」は、多く存在します。
そのほとんどが、FileMakerでのシステム開発を手がけている、「デベロッパー(開発者)」と呼ばれる方です。
デベロッパー(開発者)は、クライアントの要望・ニーズに合わせ、「FileMaker」というツールを使って、システムを作り上げるのが仕事。
大好きなFileMakerを使って、お客様のお役に立つシステムを提供する、それがデベロッパー(開発者)の喜びです。

しかし、私は開発者(デベロッパー)ではなく、「メッセンジャーという立場をとっています。
私は、FileMakerが「FileMaker Pro」になる前の、FileMaker IIという時代から、FileMakerを使ってきました。Mac版しかなく、しかも、モノクロしか使えないという時代からです。

FileMakerは、コンピュータを使うことの便利さの多くを、私に気づかせてくれた、とても素晴らしいデータベースソフトです。

この感激を、そして、この便利さを1人でも多くの人に、伝えていきたい!!
それが私の使命であり、仕事であり、そして、喜びでもあります。

そんな思いで、FileMakerを長年使って来た「一(いち)ユーザー」という立場で、「メッセンジャー」としてFileMakerのことをお伝えしたい。

それが、当ブログの目的です。

 

【2】世界中にただ1人?!

 

このような思いで、私は、FileMakerに関しては、トレーニングのみを生業にしてきました。

私は、これまで20年以上に渡り、日々、「FileMakerの初心者」の方と向き合い、FileMakerの基本的な概念から使い方をお話ししてきた中で、「初心者は何がわからないのか。何でつまづいてしまうのか。」を、多く知り得ることができました。

そのような経験から、説明をしていく順番、必ず注意すべきこと、反対に情報過多になってしまうことで挫折してしまいがちなポイントなどを考えた、独自のカリキュラムでのトレーニングをお届けしています。

FileMakerのトレーニングをされている方はたくさんいらっしゃいます。ただ、ほとんどの方がデベロッパー(開発者)で、その傍ら、自らの開発手法を教えるというスタンスのようです。

FileMaker社の方の話によると、私のように、「自身でFileMakerのトレーニングカリキュラムを作り、テキストを執筆・制作し、自らが教える」といったスタンスをとり、しかもトレーニングだけを生業にしているのは、世界中を探しても私1人ではないか、ということです。

私は、FileMaker社の方や、デベロッパー(開発者)の方とも、連携・交流をしています。また、開発経験もあります。しかし、私は、FileMakerでシステムを”作ること”が喜びではなく、FileMakerの”楽しさを知っていただくこと”に喜びを感じています。
そのことから、あえて「デベロッパー」という立場ではなく、「メッセンジャー」という道を選びました。

FileMakerの「メッセンジャー」としての私の主な仕事としては、

  • クライアントにFileMakerの基本的な概念や知識を得ていただき、デベロッパー(開発者)がクライアントとの打合せをスムーズに進めることができるようにする。
  • FileMakerによるシステム導入を行う際、FileMakerの楽しさを知っていただくことで、クライアントの現場からのコンセンサスが得られやすいようにする。
  • ExcelやAccessからFileMakerに乗り換えたいと考えておられる方の、最初の一歩を踏み出すお手伝いをする。

と、いったところです。

 

【3】一口に「FileMaker初心者」とはいえ…..

 

FileMaker初心者というのは、「FileMakerを使うのがまったく初めて」の方です。
ただし、一口に「FileMaker初心者」といっても、いろいろな方がいらっしゃいます

たとえば、SQL・ORACLEやAccessといった他のリレーショナルデータベースの開発経験をお持ちの方と、Excelでマクロを組んだ経験のある方と、ExcelでSUM関数程度しか使ったことがない、という方とでは、「わからないこと」が違って当たり前なのです。

そんな中で、どんな初心者は何がわからないのか。何でつまづいてしまうのか。

それを熟知し、初めての方には少しわかりづらいと思われるFileMakerの概念や、独特の各用語を、相手の方のスキルに併せてお話しするように心がけています。

 

【4】Excelも大好き!

 

私は、FileMaker暦と同じく、Excel暦も長いです。
マイクロソフト認定トレーナーでもある私は、大学でExcelを教えています。

日常は、FileMakerとExcelを使い分けています。
また、FileMakerとExcelを連携させながらも使っています。
FileMakerのほうが便利なことと、Excelのほうが便利なことがわかっているからです。

ExcelよりもFileMakerのほうがカンタンにできること。
その反対に、あまり語られることのない、FileMakerよりもExcelのほうがカンタンにできること。

なかなかベンダーからはアナウンスされることのない、こんなことも、私の行っている「FileMaker基本トレーニング」や、当ブログでお話ししています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。